車のボディカバーについて

ボディカバーの正しい使い方

ボディーカバーを利用することで、愛車を綺麗に保ち続けることができます。しかし、使い方を間違えると逆に車を傷つけてしまったり、ボディーカバー自体が傷んでしまう危険性もあります。そのため、ここでは自動車カバーの正しい使い方と間違った使い方を簡単に紹介させていただきます。


まずは、車が汚れた状態でカバーを利用しないようにしましょう。カバーライト社製の車カバーは、裏起毛でボディーに優しい作りとなっています。しかし車体が汚れているとカバー裏面にも汚れが移り、汚れが車体とこすれることで車が傷ついてしまう可能性があるのです。カバーにも汚れが残ってしまいますので、汚れたままの利用にはいいことがありません。


車カバーを正しく使うには、最初に車自体をきれいな状態にしてください。特に洗車直後のボディーであれば、砂埃やゴミなどもついていないですのでカバーを綺麗に利用することができるはずです。


また、車のマフラーなどが熱い状態の時にカバーを利用すると、カバーが溶けたり燃えてしまう可能性もあります。車カバーは、車が冷えてから使うようにしましょう。そうすれば、安全に綺麗な状態を保ち続けることができるのではないかと思います。


基本的には、これらの点に気をつければ安心して自動車カバーを使うことができるはずです。特に初めて使う際には、注意事項をよく読んでから利用するようにしましょう。